1. HOME
  2. ニュース
  3. 愛知東邦大学のブランディング

ニュース

愛知東邦大学のブランディング

愛知東邦大学は、10年後、20年後の教育環境を見据えてブランディング活動に取り組み始めました。
本学が目指すブランディングとは、「愛知東邦大学の教育」を探し求め、「愛知東邦大学の価値」を明らかにすること、言い換えると、愛知東邦大学の「らしさ」を確立することだと考えています。小規模大学としての強みを活かしながら、学生一人ひとりの可能性の芽を大切に育てる大学をめざし、2018年4月に、その軸となるコンセプトフレーズと、それに基づく、ブランドシンボル等を定めましたので、卒業生の皆さまにお知らせいたします。
皆さまには大きな変化となりますが、今後とも大学の発展にご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

愛知東邦大学コンセプトフレーズ

「オンリーワンを、一人に、ひとつ。」

愛知東邦大学は、学生が社会に出て生きていく礎を作る 4年間を願い、小規模大学としての強みを活かしながら、学生一人ひとりの可能性の芽を大切に育てる大学をめざします。
大きく変化する時代を、学生が逞しく行き抜くには、自分の強みを知り、自分を磨き続けることが必要です。教職員は学生と真摯に向き合い、個々に眠っている才能や能力を引出すことに全力で取り組みます。

ブランドシンボル

力強く温かな二つのラインは、自立した学生と教職員を表します。双方の中心に生まれた無垢のラインは、両者が向き合い、信頼関係を築く中で磨くオンリーワンの力や経験を表現しています。そして、それは進むべき一本の道にもなります。「オンリーワンを、一人に、ひとつ。」を視覚化したマークには、一人ひとりの可能性に目を向けた真摯な教育をめざす愛知東邦大学の決意が込められています。

愛知東邦大学クレド

コンセプトフレーズを実現するために、私たち教職員は3カテゴリーにおいて9つのクレドを制定します。

【学生へのクレド】【地域へのクレド】【仲間へのクレド】
  • 原石は宝石
  • 多様な視点と可能性を共に見つける
  • 成長実感の提供
  • 地域が教室
  • 愛される存在、信頼される大学
  • 未来を共創してゆくパートナー
  • 挑戦と創造
  • 自分だからできる貢献
  • 学生に尊敬される身近な社会人